Under communication................... 

フォームから送れない場合はお手数ですが、

こちらのアドレスへ直接メールを送信ください。

ayniwtepo@gmail.com

 

確認後、折り返しお返事させていただきます。

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Twitter Clean Grey
  • Twitter B&W

 

AYNIW TEPO presents 
『COSMIC BOUQUET tour 2016』

 

5月14日(土) 広島4.14

  Open 18:00 / Start 18:30

  Tickets 前売り ¥2,500 / 当日 ¥3,000 

  ・チケットぴあ (Pコード=294-518)  

  ・eプラス  

    

 <GUEST>

    rega

 五味岳久 (LOSTAGE)

 ゆうき (oorutaichi+ytamo)

 nekomusume

 


5月21日(土) 奈良NEVERLAND  

  Open 18:00 / Start 18:30

  Tickets 前売り ¥2,500 / 当日 ¥3,000 

  ・eプラス

  ・THROAT RECORDS店頭にてチケット販売

 

<GUEST>

  長谷川 健一バンド

     五味 岳久(LOSTAGE)

  Faded old city

 

 


5月27日(金) 名古屋CLUB UPSET

  Open 18:00 / Start 18:30

  Tickets 前売り ¥2,500 / 当日 ¥3,000

  ・チケットぴあ (Pコード=294804)  

  ・LOWSON Ticket (Lコード=42624)

  ・eプラス

 

   <GUEST>

   rega

   LOSTAGE

   doesn' t

   [Floor DJ oma]

 


5月28日(土) 新宿ANTIKNOCK  

  Open 18:00 / Start 18:30

  Tickets 前売り ¥2,500 / 当日 ¥3,000

・チケットぴあ (Pコード=296710)  

・eプラス

 

 <GUEST>

 rega

 Takako Minekawa & Dustin Wong

    SEI WITH MASTER OF RAM

 LIBRO     

     [Floor DJ oma]

     [Lighting YUMELIGHT]

 


6月25日(土) 大阪十三FANDANGO

  Open 18:00 / Start 18:30

  Tickets 前売り ¥2,500 / 当日 ¥3,000

 

<GUEST>

  rega

  oorutaichi

    五味岳久(LOSTAGE)

 

*プレイガイドでのチケット発売は随時発表いたします。

前売りチケットを予約する→

予約する
予約する
予約する

各地ゲストアーティスト紹介

rega

 

Gt2人、Ba、Drの4人編成インストロックバンド、溢れ出る感情を表現する凄まじいライブは圧巻。そのサウンドは個々の背景から鳴る音とストイックに向き合った楽曲、ジャンルにとらわれない魂の音楽。どこからか心地良いメロディーが湧いてきて緻密に構築された楽曲であるが、人間味のある暖かさも投げかけ各地の音好き達を魅了している。その根元で戯れるように遊ぶライブパフォーマンスと洗練された心地よいサウンドで朝霧JAM、TAICOCLUB等の野外フェスに出演し2013年はFUJI ROCK FESTIVAL前夜祭のトリを務め会場は熱狂に包まれた、そして日本に留まらず香港、韓国でのライブも成功を納める。会場限定CD「ad」が眼鏡市場のCM音楽や、TOYOTA VOXY CMの編曲&演奏に抜擢される等各方面で注目が集まる。2013年12月には新譜「DISCUSS」が発売され、その続編「Among the flow」が2014年10月に発売された。それに伴うワンマンツアーを東名阪で開催した。2015年にはフィリピン公演を行い、今後海外での活動も注目。

 

 

【Official website】http://rega.jp

【Facebook】https://www.facebook.com/official.rega

 

 

regaについて

僕らの前身バンドの頃に出会って一緒にツアーを回ったり、キャンプをしたり。プライベートな部分でも付き合いの深いバンドrega。
彼らのライブは集団でやる瞬間芸の様。各々のプレイで魅せるというよりバンドとお客さん、会場も飲み込んで呼吸する様なライブ。こんなバンドは観たことがない。音も人も繋がっている様な不思議な感覚。彼らももう10年くらいやってると思いますが、そろそろメンバー本人達も気が付かない様な何かがバンドに分泌してきている気がします。僕はそれが何か観たいのです。

COSMIC BOUQUETツアーに4本も帯同してくれるので何か良い意味で事件もたくさん起こるのではないでしょうか。会場でぜひ見逃さない様にお願いします!

                                                                                                                   (堀 一也)


LOSTAGE 

 

五味岳久(vo,ba)、五味拓人(gt)、岩城智和(dr)から成る3ピースロックバンド。2001年、地元奈良にて五味兄弟を中心に結成。現在も奈良在住、地元を拠点に勢力的に活動中。地方発信、地元密着をモットーに活動を展開している。結成当初は4ピースであったが、幾度かのメンバーチェンジを経 て、アルバム「LOSTAGE」より3ピースに。2011年より結成10周年を迎え、自主レーベル「THROAT RECORDS」を立ち上げ、「CONTEXT」「ECHOES」を発売。最新作は、2014年8月、バンド史上最もメロディと歌に比重をかけた楽曲群を 収録した「Guitar」。

 

 

【Official website】http://lostage.co/

 

 

 

五味 岳久

 

LOSTAGEのBass Vocal。

THROAT RECORDS代表。

 

【THROAT RECORDS website】http://throatrecords.tumblr.com

 

TAKAKO MINEKAWA & DUSTIN WONG  

2011年の夏、ダスティンのライヴを観に行った嶺川と、元々彼女のファンであったダスティンが知り合う。この出会いをきっかけに交流が始まった両者は、音楽や宇宙、神話談義で盛りあがり、セッションを重ねていき、コラボレーションへと派生していった。2013年にファースト・アルバム『TOROPICAL CIRCLE』をリリースし、レコ発を含む都内でのライヴを経て、FUJI ROCK FESTIVALに出演。2014年にはセカンド・アルバム『SAVAGE IMAGINATION』をリリースし、1ヶ月に及ぶ北米ツアーを成功させ、昨年は初の中国で12都市をまわるツアーを果たすなど、お互いのソロと平行しつつ、精力的に活動している。ダスティンのギター、嶺川のサンプラーキーボードの間に1本のマイクをシェアし、それをまるごと構築していき、ひろがる二人の奇妙なサウンドは生まれたばかりのアメーバのように変化し続けている。また、音だけにとどまらず、絵や映像も二人で共作しており、作品のジャケットやMVも自らが手がけている。

 

 

【Instagram】

http://instagram.com/takako_dustin/

 

【Soundcloud】

https://soundcloud.com/takakominekawadustinwong

 

【嶺川貴子 Twitter】

https://twitter.com/tm_meandcat

 

【Dustin Wong Twitter】

https://twitter.com/dustinwong

 

 

 

Takako Minekawa & Dustin Wongについて

おそらく2012年だったかな?梅田のクラブクワトロに来日していたDirty Projectorsを観に行った時にDustin Wongさんも出演されていて。確かその時Dirty Projectorsと一緒にUSツアーとJapanツアーを回られていた時だったと思う。1人でエレキギターサウンドをループさせていくライブだったのですが、1人のサウンドと思えない壮大な迫力と低音で音の万華鏡の中にいる様な感覚でした。何より、初めて聴いて良い!と感じるクオリティの高い世界観と楽曲に一聴惚れしました。その日はパフォーマンスも含めて大満足の組み合わせだったのを憶えています。そして同年のフジロックフェスティバルで嶺川貴子さんと一緒にステージでライブしているのを初めて見て、相性も抜群で。

嶺川貴子さんも兼ねてから大好きなアーティストだったので、このユニットでいつか必ず共演したいと思っていたところ、今回の僕らのツアーに出演して頂ける事になりました。夢が一つ叶いました。AYNIW TEPOと必ずいい作用が起こる気がしています。近年僕の敬愛するBeach HouseとEUツアーをされていた時もどきどきしていました。本人達とはまだ話した事がないのですが、個人的にネットで動向はずっと追いかけています笑。楽しみにしています。

                                                                                     (堀 一也)


オオルタイチ

1999年より活動を開始。
打ち込みを駆使した電子トラックに”非言語”の歌をのせるスタイルで唯一無二の電子音楽を展開、これまで3枚のアルバムをリリース。

バンド・ウリチパン郡では作曲とボーカル/ギターを担当。他ミュージシャンへのリミックス、プロデュースから、舞台音楽、アニメの音響監督まで多岐にわたる。女性アーティストYTAMO(ウタモ)とのユニット”ゆうき”のアルバムを現在制作中。今年リリース予定。

 

【Official website】www.okimirecords.com

 

ゆうき

バンド・ウリチパン郡を経て、それぞれソロ活動も活発なオオルタイチとウタモによる

エクスペリメンタルアコースティックデュオ。ライブではオリジナルからカバー曲までさまざまな歌ものを披露する。2011年秋キセルとの東北ツアーを機にihati EP(CD-R)を制作。その他キセルとの共作「ともしび」を発表。初のアルバムリリースを控えている。

 


ゆうきについて

オオルタイチ君とウタモさんが2016年からスタートさせたユニット。お二人とも鬼の様なクリエイティブ魂の持ち主の印象で、僕はとにかくいつも癒されます。この人達が居れば音楽はいつでも大丈夫な気がして笑。僕にとっては帰る場所の様なお二人です笑。THROAT RECORDSで顔を合わせる様になって、家にお邪魔したり、一緒にBBQしたり。お世話になっております。ゆうきの楽曲は人間が積み重ねてきた生活に染み込むような歌心とルーツや生命力を感じるリズムが通っていて、とても元気をくれます。ゆうきのライブを観ればその一日はきっと良かったと思える気がします。ライブも観ている内に段々と自分も輪になって集まっているような感覚になります。広島での共演楽しみにしています。(堀 一也)

nekomusume

 

広島にてそれぞれ別のバンドで活動していた4人が集まり、2010年11月結成。ディレイのかかったギターのリフレインが鳴り響き、時に音が渦巻くそのスタイルはポストロック・シューゲイザーを基調としながらも歌モノであり続けるポップセンスも兼ね備え、オーバーグラウンドからアンダーグラウンドの垣根を越えて活動中。

 

【Official website】http://nek0musume.tumblr.com/

 

LIBRO

 

日本のヒップホップ・シーン黎明期から活動をスタート。97年にラップ、トラックメイキング双方を手がけるスタイルでデビュー。98年にリリースしたミニ・アルバム「胎動」は、様々なアーティストが自らのスタイル確立に切磋琢磨するヒップホップ・シーンの中において、全く新しい風を吹き込むオリジナリティ性を提示、大きな話題を呼ぶこととなった。03年の「三昧」以降は、トラックメイカーとしてあらゆるジャンルの匂いを取り入れつつも、何にも偏ることのない自らのジャンルに昇華してしまう突出したセンスでラッパーやシンガーにトラックを提供。06年には   FUURI名義でフルアルバム&DVDをリリース。全曲のサウンドプロデュースを担当。09年にはLIBRO名義では初のインストアルバムとなった「night canoe」をリリース。2014年5月、当代きっての個性的なラッパーを招いた「COMPLETED TUNING」、そして同年末に発表されたインストアルバム「COMPLETED TUNING INSTRUMENTALS」、そして2015年1月にはBLACK SWANからEP「GEAR」を、同年4月、全編で自身がマイクを握ったソロアルバム「拓く人」をリリース。10月に嶋野百恵をゲストボーカルに迎えたアルバム「オトアワセ」を発売。

 

【Lavel website】http://9sari-group.net/label-black-swan

SEI MITH MASTER OF RAM

 

2009年に活動を休止したマシリトのギターボーカル印藤の呼び掛けにより結成。ドラマー、エンジニアとして横浜で活躍している亀田、そしてアンダーグラウンドの帝王DIE YOU BASTARD!からギターのNOKENが参加。初ライブは2010/2/13高崎FLEEZ。

2012年NEW YORK のレーベルMUSEUM PEOPLEより

7EP -TRACES REMAIN / 絵空詩 、2013年4月 1st アルバム "a sheep"をリリース。

 

【Official website】http://seiwithmasterofram.com/bio.html

doesn`t

 

2011年愛知県にて結成。 

ポストロック、マスロック、シューゲイザー、アンビエント、エモなど様々な要素を含む楽曲はカオティックであるが心地よく、絶妙なバランスで調和している。

バリトンギターのボトムを支える低音はストイックなドラムとのタイトなグルーヴを生み出し、メロディアスな高音はギターとの美しい調和を感じさせ彼らの多種多様な音世界を造る。

 

【Official website】http://plus-ekoc.sub.jp/does-not/enter.html

長谷川 健一
 

2007年ミニアルバム『凍る炎』、『星霜』をmap/comparenotesより二枚同時リリース。
2010年ファースト・フルアルバム『震える牙、震える水』

P-VINERECORDSよりリリース。
2011年「FUJI ROCK FESTIVAL 」、「SWEET LOVE SHOWER 」に出演。
歌が純粋に歌として響くことの力強さを湛える優しくも切ないその声は、聴くものを深遠な世界へといざなう。

京都が産んだ天才シンガー・ソング ライターとして、多くのファンやアーティストから高い評価を得ている。
2013年Jim O’Rourke(ジム・オルーク)プロデュースによるセカンド・フルアルバム『423』をリリース。同年12月、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文によるレコーディング・ディレクションとコーラス参加のもと、珠玉のカバー集『my favorite things』をリリース。
2015年には、奈良を拠点に全国で活躍する3ピースロックバンドLOSTAGEとともにスプリット7インチ『僕は今ここにいる / 遠くへ/砂の街』を4月18日のRECORD STORE DAYにあわせリリース。
「PARASOPHIA・京都国際現代芸術祭2015」にて、やなぎみわSTP「舞台車上・中上健次ナイト2015」のコーディネート・ライ ブ演奏を務める。
12月16日、サード・フルアルバム『Breath』をリリース。


【Official website】http://www.kenichihasegawa.com

Floor DJ

oma 

 

10歳からギターを弾き始め、ギタリストとしてのバンド活動を経て打ち込みを主体とした制作活動へと移行。 

ダンスミュージックの影響下にありつつも、発祥地や起源に惑わされないオリジナルサウンドスケープを確立するため、自身の活動拠点としてレーベル”TASK ONE RECORDINGS”を立ち上げる。2011年にソロ・アルバム”Unbound from Homeostasis”を発表し、続く2012年には互いに影響を与え合ってきたアーティスト”O.N.O”と12inchのアナログEP “six a.m. / Landing Chart”をリリース。 

現在では”rega”のギタリスト井出竜二とともに結成したデュオ”REVITALIZED”としても活動中で、2013年には1st アルバム”Cooking our Leftovers”を発表している。 

2015年11月にはO.N.O主宰レーベル”STRUCT”より最新作”THR”EPをリリース、またO.N.Oの最新作 Strust E.P.にも共作として参加している。 

ライブパフォーマンスではハード機材のみを用いて楽曲を常に有機的で肉体性を伴った形で変化させてゆく事で、フロアからの信頼を得て最大の興奮を与えている。

 

【Official website】 http://oma-sound.com 

Lighting

 

YUMELIGHT 

 

都内インディペンデントシーンを中心に活動するステージ演出家/VJ。

プリズム・プロジェクションやレーザーを使用した独自の空間演出で、

コアなパーティーから中規模のロックフェス/アートフェスまで幅広く参加。

 

 

【Official website】http://yumelight.web.fc2.com/