Lyrics

 「Surfin'」      Lyrics : Tomoe   

 

Lots of coral singing out tenderly

It seems like I've dived into the waters

I was forgetting my tail fin

Let it go

 

No one is easily feeling the wave

No one is feeling it

No one is easily feeling the wave

No one is feeling it 

Where to go

 

The scales sparkle in the warm sunlight 

Like innumerable stars

So riding on the crest of the wave

Maybe I will reach the moon

In a flash

Even the giant planet

 

No one is easily feeling the wave

No one is feeling it

No one is easily feeling the wave

No one is feeling it

 

 

Japanese transration : Misato

 


たくさんの珊瑚が 優しく歌っている

いつのまにか 海に飛び込んでしまったみたい

思い出したの 私には尾びれがある

流れに身をまかせてみたい

 

誰も気づかないところに

波がある

さぁ この波に乗って

どこに行きましょうか

 

たくさんの魚達が

あたたかい太陽の光で

キラキラ輝いている

まるで満天の星空のよう

高波の上で 手を伸ばせば

月まで行けるかな

巨大な惑星までも

 

誰も気づかないところに

波がある

さぁ この波に乗っていこうよ

 

 

 

「Island」      Lyrics : Tomoe

 

I'm always finding the land

And flying around 

In fabulosity

I noticed the thing I lost

Blowing in the wind

In factuality

 

"How far is it from here?"

I ask a flower

A fairy at my back says

"Let's dance with your mirror image"

The celestial sounds of the spheres

 

Hearing that two birds sing in

Harmonic tone

All beings seek their beloved

Who's that loved one?

What leads the hearty sun from the 

Darkest night? 

Only love in a heart, love in a heart

 

I'm always finding the land

And flying around

In fabulosity

I noticed the thing I lost

Blowing in the wind

In factuality

 

"Where is your lovely home?"

I'm asked by the flower

A fairy near my bag says

"Let's dance with your mirror image"

The celestial sounds of the spheres

 

Hearing that two birds sing in

Harmonic tone

All beings seek their beloved

Who's that loved one?

What leads the hearty sun from the 

Darkest night? 

Only love in a heart, love in a heart

 

Open up the locked door 

With your hand

Wind up the stopped clock just now

 

 

Japanese transration : Misato

 

 

またいつものように島探しに行く

おとぎ話の中をぐるぐる飛びまわって

うっかり失くした落し物は

風がさらっていった

 

「その島はここから遠い?」花に尋ねた

たちまち妖精が現れて

「さぁ、あなたのそっくりさん達と踊りましょうよ。この地球にある素晴らしい音楽と共に。」

 

2羽の鳥が奏でるハーモニー

みんな愛する人を求めて

私にとっては 誰かな

闇夜からあたたかい太陽をすくい上げるのは

愛 それだけ

 

またいつものように島探しに行く

おとぎ話の中をぐるぐる飛びまわって

うっかり失くした落し物は

風がさらっていった

 

「おうちはどこなの?」花に聞かれた

たちまち妖精が現れて

「さぁ、あなたのそっくりさん達と踊りましょうよ。この地球にある素晴らしい音楽と共に。」

 

2羽の鳥が奏でるハーモニー

みんな愛する人を求めて

私にとっては 誰かな

闇夜からあたたかい太陽をすくい上げるのは

愛 それだけ

 

閉ざされたドアをあなたと開いて

今 時計のネジを巻こう

「Gingko」       Lyrics : Misato & Kazuya

 

角差す 上に

周りに沿う 根

足先覆われても

追うゆめに揺れ

追いかけ

追われて

同じ線を行く先には 浮遊 目にしてさ

 

All flying the gingko

 

拾い集め

乗れそうさ

ふいに

 

Rain and rain

Falls in faint soul

The seeds are laid in my song

 

Refrain

Talking an end

Sow the seeds (※1)

 

透明な土でも

 

開いた窓

あるべき今

空に描いた線

ふるえる水面

 

Rain

Falls in faint soul

The seeds in a breath of air

Laid in my song

Refrain Talking an end

Sow the seeds   (※2)

 

生まれ

浮いた

雲の上へ

 

 

Japanese transration : Misato

 

(※1)

曖昧な心に雨が降る

歌の中にその種を埋めて

くり返し 種をまいて

お話の結末を話しながら

 

 

(※2)

曖昧な心に雨が降る

私の歌の中にある その種よ

そよ風に吹かれて

くり返し 種をまいて

お話の結末を話しながら

「Parachutes」     Lyrics : Misato

 

壁にもたれた

一瞬のすきに奪われる

覆われていた

闇のすきに入り込もう

 

夢見てるみたい

今 宙をかける

惹かれていく 胸に

 

壁に飾った

レコード 針を落とす

混じり合った

夜に吸い込まれていく

 

目と目があった

今 刻みかける

はじめての鼓動に

愛の神話

 

日に  増していく

日に日に 増していく

好きになっていく

 

そらに咲く パラシュート 

とめどなく溢れた

そらに咲く パラシュート

裸足で叫んだ

 

「Egg Baron」     Lyrics : Tomoe

 

Why did they say 

"A good boy"

I'm repeating the line 

That has made me feel sorrow

 

Why did they say 

"A good boy"

Did they pat me upon the back?

 

Waiting, waiting to see

 

I'm flying into the egg 

That many feelings are locked in

Breaking through the door

To where you are

 

Waiting, waiting to see

I'm feeling plenty of warmth to hatch

Waiting, waiting to see

I'm smelling the bread 

That's baked by you

 

I know 

You see the everlasting love

I know 

You see the truth

When I use up all the blues

Around that eggshell so far away

I cry, you see

"Where's the door?"

 

Waiting, waiting to see

 

Japanese transration : Misato

 

 

どうしてぼくのこと

よい子だねって言うの?

何度も思い出してる

 

ねぇどうしてぼくのこと

よい子だねって言うの?

元気をくれたのかな

 

じっとして 見てる

 

たまごの星を めざして 飛んでいくよ

ドアを押し開けて

君がいるところへ

 

じっとして  見てる

たまごがかえる

あたたかい温度を感じながら

じっとして  見てる

君が焼いた おいしいパンのにおいをかぎながら

 

ずっと消えない愛はあるのかな

君は 本当のこと 全部知っているから

はるか遠い  宇宙で

たまごの星のまわりを

ぐるぐる回りながら

ぼくは持っていた青色を

全て使い果たして  泣いた

君はどこにいるの?

 

いつか 会えるかな

 

「U.F.O」       Lyrics : Misato

No sail we can't stop

My friend speaks in top

One phrase turns bubbles 

 

息を通して 伝うわ

上に飛ばそう

輪に運んだ

上に飛ばそう

 

Go and slide endlessly

Drawing a map

Are you dreaming of a sight

We are in circle?

 

それでも

Drift to the sea

それでも

Drift to the sea

 

僕も船に乗っていい?

 

No sail we can't stop

Feeling it and speaking free

We find a new planet

 

息を通して 伝うわ

上に飛ばそう  

輪に運んだ

上に飛ばそう

 

Go and slide endlessly

Drawing a map

Are you dreaming of a sight

We are in circle?

 

それでも

Drift to the sea

それでも

Drift to the sea

 

僕も船に乗っていい?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Japanese transration : Misato

 

 

さぁ出発だ みんな船に乗って

友達は早口になって

口から出た言葉が泡となって空に浮かんでる

 

息を通して 伝うわ

上に飛ばそう

輪に運んだ

上に飛ばそう

 

何度でも 

走って 滑べって

地図を描いている

あなたはこの輪の中で

どんな夢を見ているの

 

それでも

海を漕いで

それでも

海を漕いで

 

僕も船に乗っていい?

 

さぁ出発だ みんな船に乗って

感じたまま 自由に話すのさ

そしてまだ誰も知らない 

新しい惑星を見つける

 

息を通して 伝うわ

上に飛ばそう

輪に運んだ

上に飛ばそう

 

何度でも 

走って 滑べって

地図を描いている

あなたはこの輪の中で

どんな夢を見ているの

 

それでも

海を漕いで

それでも

海を漕いで

 

僕も船に乗っていい?